整備入庫は予約制となっております。
ご予約の上入庫お願い致します。
整備ご予約はこちらから

整備対応商品
・KTM車両
・ヤマハバイク・スクーター(国内モデル、プレストコーポレーション取扱モデル)

・ヤマハ除雪機
・ヤマハ発電機

 


法令点検

初回点検の必要性

バイクは、金属・ゴム・樹脂・油脂等の材質の物が組み上げられて構成されており、
いろいろな部位が擦れたり、引っ張られたり、潰れたりします。
そうすることで全体が馴染んできて、いい動きをしてくれるようになります。
ただ上記のことが初めは急速に起こりますので、1,000kmもしくは1ヶ月乗られました後に
確認・調整・交換するために初回点検を実施します。

・法令点検(12ヶ月毎)の必要性

バイクは、金属・ゴム・樹脂・油脂等の材質の物が組み上げられて構成されており、
いろんな部位が擦れたり、引っ張られたり、潰れたりします。
長く、もしくは激しく乗ることで、上記の性能劣化は徐々にもしくは急速に進行し、
ある時期には使用基準・性能から外れてしまう部位が出てきます。
大まかに、調整でその基準・性能を回復するか、交換でその基準・性能を回復します。
ですから、日常点検(使用者の義務)で点検整備できない所を法令点検に出して頂き、
予防整備の意味合いも含め励行してください。
劣化する部位は違ってきますが、乗っても乗らなくても悪くなります。
メンテナンスとは、その性能をメインテイン(維持)することです。

RIDING SKETCH HIROSAKIでは法令点検時には、燃料供給装置の同調・燃調を実施しています。
これを行うことで、アイドリングの安定・低速時からのアクセルの付き・燃費が向上し、
気持ちの良いストレスのすくないドライバビリティーを発揮できます。